電話をかける 男性心理

電話をかける男性心理で分かることは?

スポンサーリンク

誰でも好意のある相手とは話しがしたいと思っているものです。
メールであったり、最近ではline(ライン)のメッセージを活用したりします。

 

連絡手段は様々ですが好きな相手とは直接話しがしたいと思っている男性は多いのです。
今回は電話をかける男性心理についてお話したいと思います。

 

声が聞きたい

 

男性に限らず、好きな相手がいる人であれば一緒にいない時間には、
できる限り連絡を取りたいと思うでしょう。

 

それもメールやLINE(ライン)のメッセージのような文章のやりとりではなく、
直接話したいと思うはずです。

 

最初はメールなどで文章のやりとりをしていても、
段々と声が聞きたくなってくるものです。
そのため、やりとりの途中で電話をかけてくることがあるかもしれません。

 

「文章を打つのが面倒になった」等と理由を付けて言う人も中にはいますが、
本当は声を聞きたくて電話をかけてきた照れ隠しかもしれません。

スポンサーリンク

 

用もないのに電話をかけてくる

 

多くの男性は用がないときに電話をかけることをためらう傾向に有ります。
したがて何もないときに男性が電話をかけてくるという行為自体が
好意が有ると考えられるでしょう。
少なくとも気にかけられていると考えて間違いありません。

 

電話は気にかけてくれている証し

 

お酒を飲んだりしてテンションが高いときなどに多く見られますが、
普段はメールもそっけないような男性が突然電話をかけてくることがあります。

 

相手から電話をしてくるということは、
少なくとも話しをしたいと思われている証拠と考えて良いでしょう。

 

もしそれがお酒の力を使ったとしても、
興味のない相手にはそもそも電話をかけたりはしません。

 

また電話が来ないからといって嫌われているということではありません。
電話が苦手な男性も世の中には多くいますし、
いきなり電話をして何を話せばいいのか悩んでいる男性もいるかもしれません。

 

すべての男性が電話をしたがるわけではないので、
メールやline(ライン)のメッセージなどで、
徐々に距離を縮めていくことも重要ではないでしょうか。

スポンサーリンク

電話をかける男性心理で分かることは?記事一覧

男性は電話そのものの捉え方が、女性とは違います。メールなどの文章ではなく、好意を持った女性の「声」を聞きたいと思う気持ちで、頻繁に電話したい男性心理の、本当の心の内をまとめていきます。メールではなく電話でコミュニケーションをとる事を大切にしている男性は女性と違ってメールを重要視していないので、電話というツールでのコミュニケーションを、女性で言うメールと同じような感覚で捉えています。指で打つ文章より...

電話をくれるのはどういう心理の現れなのでしょうか?こまめに電話をくれる男性心理について、まとめていきます。頻繁な電話頻繁に電話をくれる男性、それは声が聞きたくなってかけているケースが多いです。一日中、好意がある人の事ばかり頭の中に巡らせていて、どうしても声が聞きたくなってしまうという心理の現れです。女性は、メールやLINE(ライン)での会話を好み、寂しかったり会いたい時に、メールやLINE(ライン...